本文へ移動

工事監理

工事監理とは…

そう耳慣れない言葉ですが、設計した工事中の建物の工事を監理することです。
そして、その〝かんり〟という文字は『管理』ではなく『監理』であり
 『管理』… 現場を取り仕切る(施工会社)現場監督さんなんかを指す
 『監理』… 現場を監督する(設計事務所)設計者が現場へ赴きチェックする
進められている工事が、設計の通り進められているか、構造基準、施工要領、関係法令に照らして
適切に施工されているかをチェックするという、とても重要な業務です。
 
建築工事の〝三権分立〟
 建築工事を行う場合、あるべき姿として〝三権分立〟なんて言葉を使います。
 建築主(施工してもらう人)/工事施工者(施工する人)/工事監理者(チェックする人)
 
法律上、工事監理とは工事を設計図書と照合し、設計図書通りに実施されているかを確認すること。
と明確に規定されています。建物を造る上で… そう、とても重要な業務なのです。

と一般的に言われてますが 実は…
 何より〝設計意図を現場に正確に伝える〟そして〝現場の技量を最大限に引き出す〟
 ということが重要と考えます。
 伝わらなければ意味がありません。私達のつたない図面で全て表現なんて…
 そして、現場の職人さん達の技量をふんだんに出してもらわなければ、いいものは作れません。
 昨今の施工会社のレベルから言うと 適法に、正しく、確実に、という施工は
 黙っていても普通にやってくれます。(一部そうでない業者もいるみたいですが…)
 そう、普通に当然に行われる施工に何かプラスαの要素を加えて完成させること
 それこそが、私達、設計屋が行う工事監理に課せられた使命なのです。個人的な見解ですが…。

らいむらいと二級建築設計事務所

二級建築士事務所
住宅を中心に
医療施設/店舗/飲食店/事務所
どんな建物でも対応できるよう
準備をしてお待ちしております。
0
0
7
2
1
0
TOPへ戻る